清潔感のあるメイク

  • 投稿日:
  • by

メイクのやり方ひとつで女性の顔の印象、というかその人の印象って変わりますよね。女性なら化粧に興味があって当たり前です。化粧を薙いで外に出ることは洋服を着ないで裸で外に出るのと同じくらい恥ずかしい...という方がいらっしゃるのも分かりますし、常に美しくなりたいと思い続けている女性にとって化粧をするという事は美しい自分を手に入れるための近道です。メイクのやり方にもさまざまな方法があって、舞台メイクのようなはっきりと顔立ちを強調するようなメイクもあれば素肌に近い、素顔に近いナチュラルメイクのような方法もあります。どの方法を取るにせよ、自分のもとの顔とかけ離れるようなメイクをするのはやはりNGに感じますが...、でも化粧をすることによって変身できる、といった遊び心も常に持ち合せたいものです。

 

さてここでは清潔感のあるメイクの方法。簡単なところで、素肌に見えるような肌作りが必要です。肌を美しく見えることが出来れば余計な小細工はいりません。美しい肌はそれだけでその人の顔だちを引き立てるものです・美しい素肌作りに必要なのは下地作りが肝心です。中でも肌の色むらを無くす事が大切です。コンシーラーを使うのも良いかもしれませんが、でもその場合は狭い範囲にしたいですね。コンシーラーは肌の表面をすっかり覆ってしまうものなので肌への負担が大きいものです。ですから使う場合はスポットで使いましょう。「面」で使うのは控えましょう。大きな範囲にはコントロールカラーを使うのが良いでしょう。コントロールカラーの色も何種類かあって、顔色が悪いのなら黄色、ニキビ跡を隠したいのなら緑色、など使い分けるのがポイントです。

 

綺麗な肌が作れたら、その後にのせるカラーは素顔に近い色にしましょう。例えばご自分の頬の色に近いチークを選んだり、リップも唇の色に近いものを...。眉毛の形も元の形からかけ離れないようにするなどすれば、清潔感のあるメイクになります。清潔感のあるメイク、とはそう、無理しているように見えないメイクの事です。これなら難しいテクニックもなく直ぐにでも出来そうですね。